まりまり

こんにちは、まりです!

今回は「ユーグレナから生まれた麹酵素」について
成分は一体何なのか…?調査してきました!

タレントのスザンヌさん愛用品として話題となり、

近頃SNSでもよく見かける「ユーグレナから生まれた麹酵素」。

飲むだけで痩せる・痩せやすい身体の維持ができる

などと言われていますが、

・どんな成分でできていてどんな効果があるのか?

・そもそもユーグレナとはいったい何なのか?

ここではそんな気になる成分についてまとめてみました。

 

↓↓↓ 送料無料・1日17円でやせ菌を作りましょう ↓↓↓

初回限りの特別価格でご提供

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分No.1 ユーグレナ

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分

まずは商品名にもなっている「ユーグレナ」、

いったいどんな成分なんでしょうか…?

実は、和名で言うミドリムシのことなんだそうです。

ミドリムシと聞くと馴染みのある方も多いのではないでしょうか?

ユーグレナ(ミドリムシ)の大きな特徴は、その高い栄養素

なんと動物と植物両方の栄養素をあわせ持っているとのことです。

このような特徴をもつ生物は、すべての生物の中でユーグレナだけなんです。

ユーグレナのもつ栄養素の種類は、

人の体の中ではつくられないものも含め、

不飽和脂肪酸、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などなど…なんと59種類!

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分

さらにそれらの栄養分の消化吸収率に関しては

野菜や果物が5割にも満たないとされているなか

ユーグレナは9割以上にものぼります。

これは普段から栄養面を気にして

野菜や果物をたくさん食べるようにしていても、

半分以上もの栄養素が消化吸収されず体外へ出てしまっているということ。

これは…少しショックな数字ですね。

栄養を身体に入れても吸収されずに排出されていては意味がありません。

ユーグレナの消化率がこれだけ高いということは

継続的に摂取することにおいて安心感がありますね。

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分No.2 酪酸菌

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分

酪酸菌とは、ダイエット効果が高い菌と言われている善玉菌の一種です。

日本食では特にぬか漬けに多く含まれているそうですが…

ぬか漬けを毎日食べ続けるのは大変ですよね。

酪酸菌にダイエット効果が高いとされる理由は大きく二つあるようです。

一つ目は、

酪酸菌はとても強い構造をもっているので

生きたまま胃を通過して直接腸まで届き、

善玉菌をサポートして腸内環境をみるみる整えてくれるから。

善玉菌が腸内に増えると腸内フローラが整い、

免疫力が向上され、消化吸収力もアップします。

その結果、代謝の向上につながり、痩せやすい体質へ導いてくれます。

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分

二つめは、

酪酸菌は短鎖脂肪酸をつくり出すから。

短鎖脂肪酸とは善玉菌の一種で、

悪玉菌の動きを抑制したり増殖を抑える効果があるほか、

胃腸の動きをゆっくりにする効果もあるんです。

食べたものがゆっくりと消化されることにより、

満腹感を得られやすくなったり、脂肪が急激に蓄積されるのを防いだりという

ダイエット効果が期待されています。

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分No.3 酵素

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分

酵素という言葉には聞きなじみがある方が多いかと思います。

人の体内のさまざまな活動になくてはならない成分で、

主に消化を助ける消化酵素

自然治癒力に働き、免疫や代謝を助ける代謝酵素の2種類に分けられます。

実は酵素は、人が一生のうちに体内で作り出せる数に限りがあり、

不摂生をするとどんどん減っていってしまうのです。

そのため酵素を節約するように不摂生を控えて生活をしつつ、

体外から積極的に摂取していかなければなりません。

ユーグレナから生まれた麹酵素に含まれる酵素の数は、336種類ととても豊富です。

さらにユーグレナから生まれた麹酵素には、

ユーグレナ酵素というみどり麹とも呼ばれる酵素(特許成分)が含まれており、

普通の麹酵素の4.8倍もの酵素活性があるそうです。

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分

体内の酵素の量が増えると、

消化吸収力の向上や基礎代謝の向上につながることが分かっています。

基礎代謝が高くなると、同じように生活していても

より多くのエネルギーを消費できるためダイエット効果が期待できますし、

肌のターンオーバーも促進されるため、美肌効果も期待できます。

俗にいう「痩せにくい体質…」「荒れやすい肌質…」というのは

基礎代謝力が関わっているのかもしれません。

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分No.4 22種類の乳酸菌

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分

乳酸菌は、抗菌作用や免疫向上にも効果があることが分かっていますが

なんといっても高い整腸作用があることで知られていますよね。

乳酸菌=おなかの調子を整える、というイメージがある方も多いのではないでしょうか?

実は乳酸菌には、腸内の悪玉菌を減らして腸内環境を整える効果以外にも

血清コレステロールを減らす働きもあることが分かっています。

ユーグレナから生まれた麹酵素には、

なんと22種類、合計100億個もの乳酸菌が含まれています

でもどうして同じ乳酸菌なのに、そんなに多くの種類が含まれているのでしょうか…?

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分

理由は、乳酸菌は人によって合う種類・合わない種類があるからだそうです。

乳酸菌を積極的に摂っていても、もしもその菌が自分に合っていない菌だとしたら…

そのまま体外に排出されてしまうのです。

そのようなことがないように、ユーグレナから生まれた麹酵素には

様々な体質の方に合うよう22種類の乳酸菌がバランスよく含まれており、

長年がんこな便秘に悩まされていた方にも高い効果を発揮しているようです。

また乳酸菌は、毎日継続して摂取し続けることで効果があらわれてくるものですが

ひとたび摂取するのをやめてしまうと、また効果はなくなってしまいます。

なので、ユーグレナから生まれた麹酵素のようなサプリメントなどで

毎日継続的に摂取していきたいですね。

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分No.5 葉酸

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分

葉酸は主に緑黄色野菜等に多く含まれているビタミンB群の一種で、

ビタミンB12とともに、新しく赤血球を作り出すのに必要なビタミンです。

つまり血を増やすために必要なビタミンということ。

そのため、葉酸が不足すると造血をするパワーが足りなくなってしまい、

貧血を引き起こすきっかけとなってしまいます。

普段から貧血を気にして鉄分を摂るようにしていても

実はビタミンB群や葉酸が不足していた…なんてことも!

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分

また、アミノ酸の一種が体内で必須アミノ酸に変わる過程や

タンパク質が生合成される過程でも、葉酸が必要とされます。

さらには葉酸には「補酵素」としての働きもあることが分かっています。

酵素の中には単体では力を発揮できず、

補酵素の助けがないと活性できないものもあるんです。

葉酸と聞くと妊婦さんや産後の方が摂るべき栄養素のこと?

と思われがちですが

美容と健康に気を遣う方は特に積極的に摂りたい栄養素のようですね。

食事摂取基準では、1日に必要な葉酸は240μgとされていますが

ユーグレナから生まれた麹酵素には1粒に200μgの葉酸が含まれています。

まりまり

ユーグレナから生まれた麹酵素には
こんなにたくさんのダイエットと美容に効果的な成分が
含まれているんですね~!

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「ユーグレナから生まれた麹酵素」の成分について調べてみました。

まとめると以下の3点になります。

・ユーグレナから生まれた麹酵素は、特に高い栄養素と消化吸収率を誇るユーグレナ(ミドリムシ)を主成分としている

・ユーグレナから生まれた麹酵素には、腸内環境を整え、消化吸収力を高める成分が多く含まれている

・ユーグレナから生まれた麹酵素には、代謝の向上につながる成分が多く含まれている

ということです。

多くの栄養成分を摂取しつつ、さらに

美容の維持に必要不可欠な腸内環境の改善、そして代謝の向上に役立つということですね。

継続的な服用から、ぜひダイエット・美容効果の実感に期待したいです。

↓↓↓ 送料無料・1日17円でやせ菌を作りましょう ↓↓↓

初回限りの特別価格でご提供